愛車を売却するにあたって、仕事で日の出ているうちに買取店に行く

主人と話し合った結果、2台の車のうち1台を売り

主人と話し合った結果、2台の車のうち1台を売りに出すことにしました。



カービューの車査定専門店に買い取ってもらうのも初めてで、どういった売却方法がベストなのか分からないまま、まずインターネットで検索し、一番近い買取業者に査定を依頼する事にしました。査定をお願いした車は、紺色の軽でいわゆる10年落ちでしたので、査定結果が不安でしたが、ランチを家族で楽しむことが出来るくらいのお金で売れました。中古車購入時に気になってしまう条件といえば、年式はもちろんですが、走行距離でしょうね。一般的に、中古車の走行距離はというと、1年間で1万km程度と思われます。ですから、10年間の使用で10万kmくらいが普通の中古車走行距離ということになります。



車査定の情報も、最近はネット上でたくさん公開されて、より調べやすくなっています。車を売る前にチェックしておきたいことも複数のサイトから知ることができます。
外装や内装、エンジン周り、部品はどうであればいいか、走行距離はどのくらいでどんな査定か、書類はどうかなど、業者のチェックポイントを知り、改善点があれば、直しておいた方が有利です。

ただし、査定対策にお金をかけるよりも、そのままで現物査定に臨んだ方がお得なケースも多々あります。

業者が提示した買取額で了解し、あとは契約するだけとなったら、書類をそろえる必要があります。普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので注意しなければいけません。

必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、リサイクル証明と自賠責保険証、そして自動車税納税証明書の用意は必須です。

それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。しかし軽乗用車に限っては実印ではなく市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

カーセンサーの車査定業者に買取をお願いした後、入金される時期について皆さん気になりますよね。



残されたローンの手続きを行ったり、再度車を精査し、全てチェックできているかの確かめる必要があるため、通常の場合、大体、買取契約後、約1週間以内にはお金が振込される場合が多いようです。

中古車を買う場合は、事故車と呼ばれるものを買ってしまわないように慎重になった方がいいと思います。いくら修理済みとはいっても、事故車はトラブルがあることもあります。

しかし、素人が事故を起こした車を見分けることは困難なため、信用できる中古車販売店で買ってください。自分が乗っている車を査定に出すと、どんな値段がつくか知っておきたい場合に大変重宝するのが、パソコンやスマホでアクセスできる、車査定サイトです。ですが、たいていの場合電話番号や住所といった、コアな個人情報の書き込みが必須です。

ネット上に個人情報を流すようで不安だという場合、希少ながら、個人情報を書き込まなくても査定金額を出してくれるサイトもあることはあります。


ですから、そういったところを利用してみてください。

車の査定が効率的に進むプロセスとしては、第一に一括査定サイトなどを使って、いくつかの中古車買取業者へ査定を申し込んだ後、その中からいくつかに絞って現物を査定に出します。実物を査定してもらった中から車を買い取ってもらうのをどこの業者にするか決め、契約書にサインをします。
代金はどうなるか、というと後日、よく銀行口座への振込を行う場合がありますが、売買契約を結ぶのが中小規模の中古車買取業者であった場合、念のため、現金での取引が無難でしょう。自分の車についた傷や故障は、あまり直さずに査定してもらうよう提出しましょう。
傷や故障があるとすると、その分だけ査定額は低評価になってしまいます。しかし、気になる大小関わらず傷や故障は、買取業者が自社で調整したり、直したりするので、評価する前に修理しておく必要はないのです。減らされる金額よりも、壊れた個所を治す費用の方が高く査定されてしまいます。

車を買取業者の査定に出したくなったら、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、洗車と車内の掃除も行なっておき、査定に必要な書類は用意しておきます。それから、後になって余計な厄介ごとを引き起こすことのないように、事故を起こして修理したことなどは率直に話しておくのがお互いのためです。


仮に業者の提示する金額に納得がいかないならもうそこでは売らず気持ちに逆らって後悔の種を残さないようにします。